fc2ブログ

麻布・青山・六本木のおすすめはんこ屋【須貝印店】

須貝印店(東京都港区西麻布)店舗外観

おしゃれな街・西麻布にあるシックな感じの印鑑店。
オーナーは3代目の須貝 洋一氏。
私が敬愛する数少ない同業の先輩の一人です。

須貝印店(東京都港区西麻布)三代目店主・須貝洋一

須貝氏はご夫妻揃って無類の映画・演劇好きですが、
それは先々代、つまり創業者の祖父・須貝 唯祐氏から
受け継いだ血脈というべきものでありましょう。

明治38年(1905)の眞砂座(日本橋中洲)での
「金色夜叉」公演の筋書(今で言うところのプログラム)中に、
開業間もない初代は、このような洒脱な広告を出稿しています。

adv.jpg

曰く
「決して損失を致す迄には参りませぬが、
亦(また)決して他店より高価には致しませぬ」

なんと洒落の利いたコピーでありましょうか。
この一文からも粋なお人柄が偲ばれますし、
そのDNAをしっかりと受け継いだ3代目も、
実に賢明にして誠実な“江戸の粋人”なのであります。

須貝印店は場所柄、(できる限りの)スピード対応も万全ですが
近隣に数多くあるデザイン関連企業からのややこしい注文にも
見事に応える、信頼厚き人気店です。

須貝印店オリジナル「角実印」

特にお薦めなのが上の写真、同店オリジナルの「角実印=確実印」です。
先日、某・超大物芸能人からもコッソリ注文があったとか。

須貝印店 オフィシャルウェブサイト

須貝印店 東京印章協同組合ウェブサイト
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ガンコならぬハンコ親父

創業100年の老舗はんこ屋三代目店主です。
東京都内には素晴らしいはんこ屋がまだまだあります。
それらのお店を厳選して勝手にお薦めするこのブログ、
はんこ屋選びにお悩み方のお役に立てれば幸いに存じます。
店名は敬称略で失礼申し上げます。